午前二時

日々ぶつくさと・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くときはいつも久々。

久々なので、たまには真面目に社会的ニュースの話でも。

<戸塚校長>刑期終え出所 「体罰は教育」と今後も活動

この事件、知ってますか?
事件の全容はこちらで読んで頂くとして・・・。
この人は何の信念かわからないですが「体罰は教育」という信念を曲げないようです。
確かに、僕が小学生くらいの時は怖い先生が必ずいて、悪さをすればゲンコツをくらったもんです。
でも、そういうのは殴る蹴るといった「暴力」ではなく、戒めとしての「罰」なんですね。
今更ながらに、この事件を見るとこの人の言っている事って「暴力は教育」になるんじゃないかな、という気がします。
今でこそ、PTSDなどが広く認知されていますが、そういった弊害なんかを考えないのだろうかと思います。

例えば、僕に子供がいて、とんでもない悪ガキだったとしてもこんな人には預けたくないですね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

久々更新。

もはや、誰か見てるのか?状態のブログです。

近況はなんもなしです。
ボーっとしてます、春だし。
眠いです、春だし。
とりあえず春だし、と言っておけば許される季節です、多分。
花見です。
P1030084.jpg

P1030097.jpg

結構寒くて、きつかったですが、カメラもってうろうろしている分には気にならなかったんだよなぁ。
花見でUNOをやるのはどうかと思いましたが(笑)。
皆様、お疲れ様でした。

***

○最近の読み物
友人の都人氏からもらった手塚治虫の「きりひと讃歌」、非常に深い話でした。
多少、荒唐無稽ではあるものの、限りなくリアリズムに溢れ、こういう作品を描ける作家は最近では全くいません。
手塚治虫は本当の意味でヒロイズムを理解していた数少ない人でしょう。若干、宗教色が強いのが残念なところです(桐人は「キリスト」のもじり)。

一昨日は村上春樹訳の「キャチャー・イン・ザ・ライ」を買いました。
野崎訳との違いが楽しみで買ったんですが、結構読みやすくなっています。
ただ、クセのある野崎訳も結構好きですね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。